一人死んだから一人産むという発想ではない。ただ、死んだ息子のために嘆き続ける母ではなく、未来を考える母になって欲しいと中田(なかた)は妻に願ったのだ。 感情の機微は、当事者にしか分からない。中田の話を聞いた時はただ、すごいなと感心した。いざ我が身に降りかかると、とても、そんな心境にはなれなかった。