厚生労働省は2日、新型コロナウイルス感染拡大による業績悪化で解雇されたり、雇い止めされたりする見込みの人数は、業種別ではホテルや旅館など宿泊業が最も多く3702人だったと発表した。 厚労省が5月29日時点で各地の労働局やハローワークに相談をした事業所から集計。