共同通信 ニュース

高校野球、大分が独自の大会開催 7月14日から、応援一部認める

2020年6月3日 16:33

 大分県高野連は3日、新型コロナウイルスの影響によって今夏の甲子園大会と出場権を争う県大会が中止になったことを受け、県独自の代替大会を開催すると発表した。例年通りにトーナメント方式で7月14日に始まり、31日に決勝を実施する予定。

 大分県独自の代替大会開催を決め、記者会見に臨む県高野連の会長(左)と理事長=3日午後、大分市

 原則無観客開催だが、控え選手や一部の保護者などの応援は認める。6月24日の組み合わせ抽選は各校主将ではなく、部長が行う。抽選日までに、感染防止対策を含む大会特別規定を作成する。

 軟式の大会は7月18~21日の予定。(共同通信)

 

取材写真を一挙公開! 高校野球「熱闘アルバム」

球児の「特別な夏」を応援するため、新聞に掲載できなかった写真は試合ごとに公開しています。甲子園という目標がなくなっても前を向き奮闘する選手たちの姿を、本紙カメラマンの写真でお伝えします。

>>各試合の写真を見る


野球・ゴルフ・サッカー・バスケ・・・プロからアマまでスポーツ全記事、読み放題! >>「沖縄タイムス+プラス スポーツ」

前の記事へ 次の記事へ
沖縄関連、今話題です(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
きょうのお天気
アクセスランキング
ニュース 解説・コラム
24時間 1週間
沖縄タイムスのイチオシ