沖縄タイムス+プラス ニュース

経済回復、生活支援に力 コロナで久米島が独自策 売り上げ減の事業者に支援金

2020年6月4日 13:00

 沖縄県の久米島町は、「新型コロナウイルス感染症に関する独自支援策」について5月27日から29日まで、経済回復プランや観光客の受け入れ再開などを、立て続けに町ホームページで発表した。

久米島町独自の支援策(町HPより)

 独自支援策は、町内事業者のうち売り上げが50%減少した法人は20万円、個人事業者は10万円。20%以上50%未満減少した場合は法人・個人どちらも5万円を、それぞれ支給する。そのほか「給付金申請サポート」や、マスク無料配布、6月から11月まで6カ月分の給食費の無償化、保育料の助成、出産助成金の拡充を発表した。

 経済回復に向けた取り組みや観光客受け入れ再開については、町が久米島空港や港での水際対策などを実施する。

 町民には、マスクの着用や手洗いを基本とする「新しい生活様式」を定着させる。持続的な感染予防対策に取り組み、買い物や食事で外出する際には、感染予防対策がなされている店舗や施設を選択すること。また「感染者・医療従事者・来訪者等に対する誤解や差別は許されない。正確な情報を入手し、差別的な言動には同調しないことを心掛け、冷静な行動に努めよう」と呼び掛けた。

 事業者への取り組みは基本的な予防対策のほか「3密」を避ける営業や、飛沫(ひまつ)感染対策などの協力を求めた。

(比嘉正明通信員)

 
前の記事へ 次の記事へ
沖縄関連、今話題です(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
きょうのお天気
沖縄タイムスのイチオシ