沖縄タイムス+プラス ニュース

高速船やフェリーの運航再開 渡嘉敷の定期船 14日までは定員減らす

2020年6月4日 14:06

 新型コロナウイルス感染拡大防止のため4月25日から運休を続けていた沖縄県渡嘉敷村営定期船の高速船マリンライナーとかしきと、時間を変更し運航していたフェリーとかしきは、6月1日から通常運航を再開した。

フェリーとかしき(資料写真)

 14日までは高速船の定員200人を100人、フェリーの定員450人を213人とし、マスク着用や手指消毒の徹底、船内消毒などを継続して感染拡大防止に努める。それ以降は状況を見ながら対応していく予定。

(新垣聡通信員)

連載・コラム
きょうのお天気