【名護】標高が高いため、市久志では「天空の里」と呼ばれている天仁屋区(比嘉政昭区長)で、高さ約150センチの鮮やかな黄色のヒマワリの花が満開になっている。同区でカボチャとサトウキビを栽培している具志堅興英さん(60)が、カボチャの受粉に協力したミツバチへのお礼として種をまいた。