【読谷】ハンドメイド好きが集まるSNSアプリ「croccha(クロッチャ)」を運営する大阪府の「tryangle(トライアングル)」の藤原真吾社長がこのほど、手作りマスク1500枚を村に寄贈した。母親が村喜名出身という藤原社長は「ご縁がある読谷に少しでも貢献できれば」と語った。