県議会選挙が告示された。4選挙区では定数を超える立候補がなく無投票での当選が決まった。ある候補者は立候補の届け出が締め切られた午後5時を過ぎても「これで当選ってことでいいの?」「大丈夫です」と支援者とやりとりを繰り返し、なかなか実感が湧かない様子だった。激しい選挙戦とは勝手が違うのだろう。