沖縄署は2日、18歳未満と知りながら男子中学生を深夜に連れ回し飲酒させたとして、沖縄市のとび職の男(22)を県青少年保護育成条例違反の疑いで逮捕した。事実関係は大筋認めているという。

パトカー(資料写真)

 逮捕容疑は5月18日午前0時20分ごろ、沖縄市内の公園で男子中学生(14)に自ら購入した酒類を提供した疑い。署は2人の関係について調査中としている。目撃者が110番通報した。