【モスクワ共同】ロシアのプーチン大統領は2日、米国による宇宙での軍拡やロシアへの攻撃を念頭に、核戦力で対抗する指針を定めた文書に署名した。ロシアに向けた弾道ミサイル発射の情報を入手した場合などは「核兵器を使用する」用意があるとの姿勢を打ち出した。