沖縄債権回収サービスは4日の取締役会で、専務の大神田睦氏(54)への代表権付与を内定した。代表権は社長の宮城博氏(47)と大神田氏の2氏が持つ。新任の取締役には経営企画部長の新里隆氏(45)が就く。会長の平良孝夫氏(68)は役員定年のため退任し、常勤顧問に就任する。