新型コロナウイルスの影響がホテル業界を直撃し、レストランなどで接客を担う「配膳人」の不安定な労働環境が表面化した。実質常勤でも雇用主のホテルから日々雇用として扱われ、いざ仕事がなくなると本来権利がある休業手当も受け取れないケースが出ている。