沖縄県の米軍普天間飛行場で5月から、騒音防止協定が飛行を制限している午後10時以降の時間帯に、米軍機の騒音被害が相次いでいることが5日、分かった。宜野湾市によると5月12日午後10時57分には上大謝名地区で「騒々しい工場内」に相当する90デシベルを超える99・5デシベルを記録。