県教育委員会は、学校の再開支援として特別支援学校の児童・生徒の通学における「3密」を防ぐため、一部の混んでいる路線のスクールバスを1日から増便している。当面は7月末まで続ける予定。 増便が決まったのは名護、美咲、島尻、西崎、宮古、八重山の各特支校の計11台。基本的に密集する登校時だけ運行する。