共同通信 ニュース

長谷部がアジア最多出場 サッカーのドイツ1部

2020年6月7日 00:43

 【ベルリン共同】サッカーのドイツ1部リーグで6日、長谷部誠と鎌田大地のアイントラハト・フランクフルトはホームでマインツに0―2で敗れた。36歳で元日本代表主将の長谷部はフル出場して1部リーグ通算309試合出場とし、1970~80年代に活躍した元韓国代表の車範根の308試合を上回ってアジア選手単独最多記録を樹立した。

 マインツ戦の前半、先発出場し競り合うEフランクフルトの長谷部(左)。ドイツ1部リーグ通算309試合出場とし、アジア選手単独最多記録を樹立した=フランクフルト(共同)

 長谷部誠(ゲッティ=共同)

 マインツ戦の前半、先発出場し競り合うEフランクフルトの長谷部(左)。ドイツ1部リーグ通算309試合出場とし、アジア選手単独最多記録を樹立した=フランクフルト(共同)  長谷部誠(ゲッティ=共同)

 鎌田もフル出場した。(共同通信)

 

野球・ゴルフ・サッカー・バスケ・・・プロからアマまでスポーツ全記事、読み放題! >>「沖縄タイムス+プラス スポーツ」

前の記事へ 次の記事へ
沖縄関連、今話題です(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
きょうのお天気
沖縄タイムスのイチオシ