日本で開発された果物や野菜の種苗の不正な持ち出しを禁じることを目的とする種苗法改正案に、県内の一部農家や研究者から反発の声が上がっている。改正案では、種を採って生産する「自家増殖」が原則禁止になり、風土に合った種がなくなる可能性があるためだ。