木村草太の憲法の新手

[木村草太の憲法の新手](129)ネット上の誹謗中傷 被害者救う簡単な制度に 発信者情報は迅速な開示を

2020年6月7日 14:00有料

 近年、インターネットの匿名発信者による権利侵害に関心が高まっている。5月には、テレビのリアリティーショー出演者が自殺した。 事実関係は未確定だが、ネット上の誹謗(ひぼう)中傷が影響した可能性があるという。この事件により、ネット上の誹謗中傷に厳しく対応すべきとの世論が高まった。

人気連載「憲法の新手」が本になりました!

沖縄タイムスでの好評連載をまとめた第2弾。2017年1月から19年3月までを収録。改憲論議、児童虐待、文書管理、デマとの対峙、県民投票など多岐にわたる事象を、憲法学の観点から論じる。

■木村草太 著
■四六判/211ページ

ご注文はこちら

連載・コラム
記事を検索