沖縄タイムス+プラス ニュース

玉城県政、与党が過半数を維持 沖縄県議選

2020年6月7日 23:34

 任期満了に伴う第13回沖縄県議会議員選挙(定数48)は7日、投開票され、玉城デニー知事を支える県政与党が過半数獲得を確実にした。投票率は46.96%で過去最低だった。

県庁と県議会棟(資料写真)

 5月29日に告示された県議選は、13選挙区に64人が立候補。各候補者は県内で新型コロナウイルス感染症の影響により、選挙運動に制約を受ける異例の環境で選挙戦を展開した。

 名護、うるま、浦添、石垣の4選挙区は無投票で12人の当選が決まった。県議選で4選挙区が無投票になったのは、1972年の第1回と並び過去最多。残り9選挙区、36議席を52人が争った。

連載・コラム
アクセスランキング
ニュース 解説・コラム
24時間 1週間
沖縄タイムスのイチオシ