沖縄タイムス+プラス ニュース

我が子の試合、観戦認めて 沖縄の高校球児の父母ら 無観客方針の高野連に請願書

2020年6月10日 05:30

 沖縄県内60校の野球部父母会有志は8日、県高校野球連盟の岩崎勝久会長に対し、7月4日に開幕する「2020県高校野球夏季大会」で保護者の観戦を求める請願書を提出した。同会は今後、新型コロナウイルス感染予防対策のガイドラインを独自に策定する予定。興南父母会の仲村明会長は「高校野球でルールを決めて観戦できるようになれば、県総体にもいい形でつながるのではないか」と語った。

昨年の沖縄大会決勝で盛り上がる沖縄尚学の父母会。今年は距離を空けるなど、新型コロナウイルス対策を徹底しての大会観戦を求めている=2019年7月21日、沖縄セルラースタジアム那覇

 大会は「無観客」を基本としている。父母会有志が提出した請願書には(1)応援時のソーシャルディスタンスの確保(2)観戦前後に観客席のアルコール消毒を実施(3)応援道具の使用禁止(4)観戦者名簿の提出-などの対策案を記載した。

 今後は各校の父母会ごとに署名を集め、県の「県主催イベント等実施ガイドライン」に基づいて作成したガイドラインと一緒に県高野連へ提出する。

 県内では4月30日を最後に新型コロナの新規感染者が確認されておらず、沖縄尚学父母会の藏元孝雄会長は「父母会が県高野連を手助けし、できることがあるかもしれない。課題を一緒に解決していきたい」と話した。

 各都道府県独自の代替大会について、日本高野連はガイドラインで原則「無観客」と決めたが北海道、鹿児島、愛知などでは保護者の観戦を認めている。兵庫や鳥取では3年生の保護者に限り、部員1人か一家庭につき2人まで観戦できるなどと、対応が分かれている。

>>高校野球 そのほか写真を見る


野球・ゴルフ・サッカー・バスケ・・・プロからアマまでスポーツ全記事、読み放題! >>「沖縄タイムス+プラス スポーツ」

連載・コラム
きょうのお天気
アクセスランキング
ニュース 解説・コラム
24時間 1週間