沖縄県の嘉手納町内で軽自動車によるひき逃げ現場を目撃し、被害者の救助と容疑者の追跡に当たったとして、嘉手納署(比嘉巧署長)は1日、町嘉手納の眞喜志康成さん(45)=会社員=と恵さん(46)=看護助手=夫妻に感謝状を贈った。

感謝状を受け取った眞喜志康成さん(左から2人目)と恵さん(同3人目)=1日、嘉手納署

 夫妻は4月14日午後7時ごろ、仕事帰りで運転し、県道74号で信号待ちをしていたところ、犬を連れて横断歩道を渡っていた高齢の女性が軽自動車にひかれる様子を目撃。車はそのまま止まることなく走り去ったという。

 恵さんは急いで車から降りて女性に声を掛けるなど救護に当たり、周囲に救急車の手配を呼び掛けた。康成さんは逃走した車を約100メートル追跡し、運転していた20代女性に現場に戻るよう説得。女性はその後、駆け付けた警察に逮捕された。

 夫妻は「初めて事故を目の当たりにした。無我夢中でとっさの判断だった。こうした事故が二度と起こらないように、命の尊さを分かってほしい」と訴えた。同署によると事故にあった高齢の女性は命に別条はなく現在は回復している。比嘉署長は「迅速、的確に対応していただき感謝している」とたたえた。