首里城 象徴になるまで

人間国宝、鎌倉芳太郎の「待った」で取り壊し中止に 情熱今も息づく

2020年6月10日 16:00有料

[首里城 象徴になるまで](19) 第2部 戦をくぐって 取り壊し中止 1924年3月25日。鹿児島新聞は「取り壊す首里城」と報じ、10日後の4月4日には「首里城正殿は保存」と一転したことを伝える。記事には、正殿は「風雨にさらされ壁も腐れ、柱もゆがんでいる」とある。

連載・コラム