沖縄タイムス+プラス ニュース

マスク越しでも伝わる笑い+深呼吸法=「笑いヨガ」 医療従事者を励ます

2020年6月12日 07:00

 沖縄県南城市内を拠点に活動する健康運動サークル「わらゆん健康倶楽部」は新型コロナウイルス感染拡大で多忙な日々を送る医療従事者たちを励まそうと「笑いヨガ」DVDの制作に取り組んでいる。

「笑いヨガ」を実践するわらゆん健康倶楽部のメンバーたち=4日、南城市知念・知名崎海岸

 「笑いヨガ」は笑いと深呼吸法を組み合わせた健康づくりの一つ。

 4日の日暮れ時、市知念の知名崎海岸に16人のメンバーが集結。マスク越しでも笑いが伝わるよう、元気よく声を上げながら体を動かす様子を録画した。

 別日には早朝の知念岬公園などでも収録予定で、編集した完成品を6月中旬ごろ県内医療機関と福祉団体など計5カ所に郵送する。

 同サークル代表の和南里(わなみのり)さん(43)=那覇市=は「コロナに負けないよう私たちも健康づくりに励んでいる、というメッセージも込めた」と笑顔。講師の島袋和子さん(66)=南城市=は「激務に耐えている方々の気分転換になればうれしい」と話した。

連載・コラム
きょうのお天気