タイムス×クロス ITmedia ビジネスオンライン

マスクの自販機に大行列! グンゼやライトオンも参入して盛り上がるマスク市場

2020年6月15日 07:00

[長浜淳之介ITmedia]

 新型コロナウイルスの感染拡大で苦境に追い込まれているアパレル業界が、衣服製造のノウハウを活用して、洗って何度も使えるマスクに進出している。ミズノの水着マスクやアルペンの冷感マスクなどは軒並み好調だ(関連記事:“アベノマスク”は不要? アパレル大手の夏向けマスクが軒並み好調なワケ)。

 今回は、マスクに商機を見い出し、ユニークな商品を開発しているさまざまな企業の取り組みをジャーナリストの長浜淳之介氏がレポートする。

ライトオンの和紙デニムマスク

ノベルティとして配布

 スラックス専業の老舗であるエミネント(東京都中央区)では、スラックスの端材を使ったマスクを長崎県松浦市の主力縫製工場で生産。一部350円(税別、以下同)で販売もしているが、基本は百貨店などの売り場で商品を購入したお客に配布するノベルティとする方針だ。また、海外の展示会に出品した際、入場者への返礼品としても活用している。「廃棄物の有効利用なので、エコにもつながる」と高野圭右社長は語る。

 スラックスの生地にはポリエステルとウールを使っている。通気性が良く、湿気を吸収する機能があり、衣服内の温度を一定に保つ。また、洗濯しても形が崩れないのでマスクに向いているという。内側にはポケットに使われる裏地が採用されており、肌触りや通気性を高めている。

 もともとはコロナ禍の中、地元である長崎の学校、保育園、消防署、福祉施設などに寄贈して喜ばれていた。マスクを販売するだけでなく販促として使う手もある。

エミネントが保育園に寄贈したマスク
 
前の記事へ 次の記事へ
沖縄関連、今話題です(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
きょうのお天気
沖縄タイムスのイチオシ
クラウドファンディング「Link-U」
クラウドファンディング「Link-U」
あなたの夢や想いを実現するために、あなたと一緒に挑戦します。
「この本を読みましょう」おすすめ図書
「この本を読みましょう」おすすめ図書
大手6出版社のおすすめ図書を紹介。県内書店でぜひ手に取ってみてください。
求人情報サイト「ジョブカロリ」
求人情報サイト「ジョブカロリ」
お祝い金がもらえる成果報酬型人財マッチングサービスです。
タイムス住宅新聞社
タイムス住宅新聞社
沖縄の、住まいと暮らしにちょっとした『プラス』を。
新聞記者の取材によるグルメサイト
新聞記者の取材によるグルメサイト
沖縄タイムスの取材による豊富なグルメ記事を掲載。マップから近くのお店を検索できます。参加飲食店募集中!
新聞配達員募集
新聞配達員募集
お住いの地域周辺で、空いている時間を活用して働いてみませんか?
那覇市久茂地にコワーキングオフィスhowlive誕生!
那覇市久茂地にコワーキングオフィスhowlive誕生!
howliveは沖縄タイムスが運営するシェアオフィス、コワーキングプレイス。抜群の立地と美しいデザイン、豊富な設備が特徴です。
「お悔やみ速報沖縄 しまダビ」登場
「お悔やみ速報沖縄 しまダビ」登場
お世話になった方との最後のお別れはお別れを大事にしたい・・・そんなあなたのアプリです。
求む!やちむんを救って頂ける方〜コロナで大打撃の沖縄の陶器『やちむん』の行き先を探してます〜
求む!やちむんを救って頂ける方〜コロナで大打撃の沖縄の陶器『やちむん』の行き先を探してます〜
「Link-U(リンクユー)」を通して壺屋陶器事業協同組合(島袋常秀理事長)の陶器販売を支援