沖縄タイムス+プラス ニュース

「沖縄でもできないか」高校生の思い付き 広がる食料品の寄付 コロナ困窮者へ支援

2020年6月15日 05:50

[私たちにできること コロナ禍をのりきる]

寄付される食料品を受け取る学生ボランティア(右)=7日、イオンモール沖縄ライカム

 新型コロナウイルスの影響で困窮している人に食料品を提供し、支援しようと、高校生有志らが結成した「学生ボランティアゆがふ」が6、7の両日、イオンモール沖縄ライカムで食料品の寄付を募る「フードドライブ」を実施した。学生らは買い物客らに声を掛けて「フードドライブ」の仕組みを説明し、食料品の寄付を呼び掛けていた。(中部報道部・仲村時宇ラ)

 同様の取り組みは5月にも那覇で行っており、今回が2回目。新型コロナの影響で仕事を失うなどして困窮し、食事が十分に取れない人がいることを知った那覇国際高校3年の平敷雅さん(18)が企画した。留学していたアメリカで、食料品の寄付が日常的に行われていたことから「沖縄でも同じような取り組みができないか」と思い付いたという。

 今回は平敷さんらの呼び掛けに、2日間で県内の学生約50人がボランティアとして参加。高校生だけでなく、大学生も参加するなど支援の輪が広がっている。平敷さんは「最終的には県全体に取り組みを広げ、フードドライブを沖縄に定着させたい」と話した。

 6日には、米やレトルト食品、缶詰、調味料など約600個の食品が集まった。学生らの取り組みに賛同し、窓口を訪れた北中城村在住の仲松綾子さん(45)は「できるだけ簡単に調理でき、栄養価の高い食品を選んだ」と笑顔で話し、レトルト食品を寄付した。

 集めた食料品は、企業や個人から寄贈された食品を困窮世帯などに無償提供するNPO法人フードバンクセカンドハーベスト沖縄に提供される。

連載・コラム
沖縄タイムスのイチオシ
「お悔やみ速報沖縄 しまダビ」登場
「お悔やみ速報沖縄 しまダビ」登場
お世話になった方との最後のお別れはお別れを大事にしたい・・・そんなあなたのアプリです。
「ライトプラン」スタート
「ライトプラン」スタート
得する人生、始めよう!有料記事100本が読み放題。記事閲覧“爆速”体感を。
令和2年度県民食育講演会・オンライン沖縄特別版
令和2年度県民食育講演会・オンライン沖縄特別版
小中高の部活生、受験生および保護者や指導者向けの視聴無料の講演会です。
クラウドファンディング「Link-U」
クラウドファンディング「Link-U」
あなたの夢や想いを実現するために、あなたと一緒に挑戦します。
「この本を読みましょう」おすすめ図書
「この本を読みましょう」おすすめ図書
大手6出版社のおすすめ図書を紹介。県内書店でぜひ手に取ってみてください。
那覇市久茂地にコワーキングオフィスhowlive誕生!
那覇市久茂地にコワーキングオフィスhowlive誕生!
howliveは沖縄タイムスが運営するシェアオフィス、コワーキングプレイス。抜群の立地と美しいデザイン、豊富な設備が特徴です。
タイムス住宅新聞社
タイムス住宅新聞社
沖縄の、住まいと暮らしにちょっとした『プラス』を。
新聞配達員募集
新聞配達員募集
お住いの地域周辺で、空いている時間を活用して働いてみませんか?
求人情報サイト「ジョブカロリ」
求人情報サイト「ジョブカロリ」
お祝い金がもらえる成果報酬型人財マッチングサービスです。
沖縄タイムス会社案内デジタル版
沖縄タイムス会社案内デジタル版
最新の会社情報や仕事内容を紹介。社長や若手社員から就活生へのメッセージもあります。