国宝に指定されている尚家継承古文書の一つ「土佐人漂着日記」を、浦添市立図書館沖縄学研究室専門員で歴史研究者の栗野慎一郎さん(60)が現代語訳し、「豊見城市史だより第14号」に掲載された。