沖縄戦研究の有識者らでつくる「沖縄全戦没者追悼式のあり方を考える県民の会」は14日、沖縄県立博物館・美術館(那覇市)の博物館講座室で、追悼式や史実の継承などを考える勉強会を開いた。 新型コロナウイルスの影響で、県は5月、追悼式の規模を縮小し、国立沖縄戦没者墓苑で実施することを検討。