首里城 象徴になるまで

首里城に米軍の弾雨 地下壕で先輩学生が犠牲に 顔と足もがれ苦悶の末 生存者「地獄の戦場だった」

2020年6月16日 17:30有料

[首里城 象徴になるまで](21)第2部 戦をくぐって 1945年3月22日夜。首里城に隣接する沖縄師範学校男子部の寄宿舎には明かりがともり、学生たちの笑い声が響いた。年に1度の部屋替えに伴う「分散会」。そこに古堅実吉さん(90)=元衆議院議員、当時15歳=が、国頭村安田の実家から戻ってきた。

連載・コラム
アクセスランキング
ニュース 解説・コラム
24時間 1週間