沖縄タイムス+プラス ニュース

「島の人の思いがいっぱい」 八重山3高校の球児へ「栄冠は君に輝く」 保護者ら歌いつなぐ動画 夏川りみさん、きいやま商店も

2020年6月17日 08:40

 八重山の高校球児にエールを-。夏の甲子園の大会歌「栄冠は君に輝く」を三線の伴奏に乗せて、沖縄県石垣市内3高校の保護者や中山義隆石垣市長、地元出身歌手らがリレーで歌いつなぐ動画が16日、インターネットの投稿サイトで公開された。新型コロナウイルスの影響で甲子園という目標を失った球児を励まそうと、3高校の野球部父母会が心を一つに取り組んだ。各方面から多くの声援が寄せられており、関係者が「とてもうれしい。全国の球児にも響いてほしい」と喜んでいる。(八重山支局・粟国祥輔)

夏の甲子園の大会歌をリレーで歌い、八重山の高校球児にエールを送る動画

 きっかけは、県内の監督有志が先月20日に公開した大会歌を歌いつなぐ動画。「八重山バージョンをつくれないか」。八重山高父母会の伊志嶺隆会長(48)が必要な音源について石垣島出身の音楽家ミヤギマモルさんに相談したところ、提供を快諾。八重山農林高と八重山商工高の両父母会長も呼び掛けに意気投合した。

 各校の父母会員が手持ちのスマートフォンから知人らに音源を送り協力依頼。すると、さらに第三者へと続々とつながり、わずか10日間で夏川りみさんや3人組バンド「きいやま商店」、八重山民謡の金城弘美さんらから反応があった。

 編集と動画制作は伊志嶺会長と八重山高で同級生のカラハイ代表取締役の黒島伸悟さんが手掛けた。八重山農林高の砂川隆治会長(52)は「島の人の思いがいっぱい詰まった動画になっている。子どもたちの励みになる」と感謝。

 八重山商工高の黒島智幸会長(54)は「親の応援を子に伝えられて良かった。県大会では八重山旋風を起こしてほしい」と期待した。伊志嶺会長によると、動画の公開については球児に知らせていないという。「そのうちユーチューブを見てびっくりするはず。それを狙って、名付けて『知らんぱー(知らないふり)作戦』」と話した。

連載・コラム
きょうのお天気