前経済産業相の菅原一秀衆院議員(58)=自民=の公設秘書が地元東京9区の有権者に香典などを提供していた問題で、菅原氏は16日、東京・永田町の党本部で記者会見し、公選法違反の認識があったと説明し「深く反省している」と謝罪した。違法性の認識を自ら認めたのは初めて。