那覇市具志のゲーム喫茶で従業員の男女2人が刃物で切られ死傷した事件で、那覇地検は16日、強盗殺人と同未遂の罪で糸満市の土木作業員(49)を起訴した。

(資料写真)那覇地検がある庁舎

 起訴状によると、同被告は先月、同店の女性従業員=当時(47)=と、男性従業員=当時(33)=に「財布を出せ」などと要求。合計30万6千円が入った財布を同店カウンターの上に置かせ、男性従業員の首をカッターで切り付け全治約2週間の重傷を負わせたほか、女性従業員の首や腕を切り付け殺害した疑いがある。