第一交通産業グループの第一マリンサービス(那覇市、熊坂俊彦代表)は20日から、那覇市・泊ふ頭-本部町・渡久地港間を結ぶ定期路線を就航する。船舶の側面にジンベエザメが描かれた「タクマ3 ジンベエ・マリン」が、直航75分で那覇と本部を結ぶ。県民や観光客の新たな移動手段として提案し、渋滞の緩和や北部の観光振興を目指す。

那覇・泊ふ頭と本部・渡久地港を75分で結ぶ第一マリンサービスの運航する「タクマ3 ジンベエ・マリン」(同社提供)

那覇―本部直結の高速船「ジンベエ・マリン」就航に向けて連携する本部町の平良武康本部町長(中央)と第一マリンサービスの熊坂俊彦代表(右から2人目)ら=17日、もとぶかりゆし市場

那覇・泊ふ頭と本部・渡久地港を75分で結ぶ第一マリンサービスの運航する「タクマ3 ジンベエ・マリン」(同社提供) 那覇―本部直結の高速船「ジンベエ・マリン」就航に向けて連携する本部町の平良武康本部町長(中央)と第一マリンサービスの熊坂俊彦代表(右から2人目)ら=17日、もとぶかりゆし市場

 7月~11月までの夏期は1日3往復6便で、冬期は1日2往復4便を運航する。料金は大人片道3千円、6歳以上12歳未満の子どもは1500円。往復料金は割引になる。

 同社は2018年に、渋滞緩和と北部振興を目的に、新たな交通網を探る実証実験に参加。那覇-渡久地港の直航便や、北谷と恩納を経由した航路を約1週間運航した。

 今回は本部町や同町の人気観光地である美ら海水族館とも連携し、船体にジンベエザメを描いたことによりエンターテインメント性を持たせた。船内のモニターでは、水族館や本部町の観光地を紹介。魚の塗り絵コーナーなども用意し、観光客を含めた家族連れなどへ訴求する。

 渡久地港からの移動は、地元のレンタカー業者やタクシー業者などと連携できるよう交渉中という。地元客の利用促進のためには、隣接する県有地を町が借り受けて、駐車場に使えるよう検討する。

 17日、関係者向けの試乗会と会見を開いた第一マリン社の熊坂代表は「お客さまを多く乗せて来ることで、北部観光振興に少しでも寄与していきたい」と話した。平良武康町長は「観光客は空港に着いてすぐジンベエ・マリンに乗って本部、やんばるの観光が楽しめる。新しい航路をみんなで活用して、観光や経済が発展することを期待している」と話した。