玉城デニー知事は19日夕、名護市辺野古の新基地建設に伴うサンゴ移植の許可を巡る国地方係争処理委員会で、県の主張が認められなかったことに、「国の関与を容認するもので、誠に残念だ」と反発した。県庁で記者団の取材に応じた。

(資料写真)玉城デニー沖縄県知事

 係争委の審査結果を精査し、高裁に提訴するか判断する。

 知事は移植許可の判断をする前に、農林水産大臣が許可するよう求める是正指示を出したことに、「知事の判断権限を奪うもことになりかねない」と指摘。

 こうした国の関与は「地方の自主性、自立性を尊重する地方自治法の趣旨に鑑み、許されない」と批判した。