沖縄でドライブインシアターを復活させようと、20代を中心に結成されたチーム「ZOMTAME(ズムタメ)」が7月3、4日の両日午後8時から、中城村の中城モールで映画「スパイダーマン」を上映する。入場料は車1台につき3千円。メンバーは開催に必要な経費をクラウドファンディングで募っている。

来場を呼びかけるプロジェクト応援隊長の玉城真由佳さん(右から二人目)と中城モールスタッフ=14日、中城村

 「ZOMTAME」は新型コロナウイルス感染拡大で外出自粛が続く5月、同イベントに関するアンケートをウェブ上で実施。3日間で約100人から「参加したい」との回答を得た。

 チームリーダーの嘉陽紗彩さん(28)は反響の大きさに「潜在的ニーズはある」と確信。「3密を避け、若い人からシニア世代まで安心・安全に参加できるエンタメをつくりたい」と語る。

 プロジェクトの「応援隊長」というミス沖縄2019スカイブルーの玉城真由佳さん(24)は14日、現地でリハーサルに参加。壁面に投影した映像の画質やサイズをスタッフと共に確認した。玉城さんは「懐かしく感じる人も初体験の人も記憶に残る上映になるはず」と来場を呼び掛けた。

 クラウドファンディングのリターンは支援金1万円で映画エンドロールへの氏名掲載、3万円で映画上映前の1分間の協賛動画枠提供などがある。目標額は80万円。支援は沖縄タイムス社のサイト「Link-U(リンクユー)」で受け付けている。