上智大学メディア・ジャーナリズム研究所が、戦後75年を機に全国の有権者を対象に実施した調査で、沖縄に在日米軍の基地や施設の7割が集中することは差別的扱いだとの意見に対し、59・2%が「その通りだと思う」または「ある程度その通りだと思う」との考えを示したことが19日までに分かった。