[沖縄6・23物語](3) 「沖縄の戦没者を慰め、平和を祈る日として慰霊の日を『6月22日』とする」。 沖縄戦終結から16年が経過した1961年、当時の琉球政府立法院によって県独自の休日が条例で誕生した。 公布日は沖縄戦で第32軍の牛島満司令官が自決し、日本軍の組織的戦闘が終結したとされた日。