沖縄タイムス+プラス プレミアム

「辺野古」見直し論、自民党からも 地上イージスより莫大な費用 矛盾する政府の対応

2020年6月22日 12:01有料
9秒でまるわかり!
  • 辺野古新基地建設に、自民党内からも見直し論が出始めた
  • 地上イージス計画より工費が莫大なのに、政府は強行中
  • 元閣僚は「日米で協議必要」「税金の有効活用を」と指摘

[フォローアップ] 防衛省が秋田、山口県への地上配備型迎撃システム「イージス・アショア」配備計画を、費用や期間を理由に停止したことに、玉城デニー知事が発信を強めている。名護市辺野古新基地建設も同様に工期、工費が膨らんでいるが、対照的に工事を強行しているためだ。

もっと詳しく。有料会員ならこんな記事も読めます。

沖縄の米軍基地の集団感染 発端は米本土部隊から

報告書から異例の「辺野古」削除 海兵隊の沖縄への強いこだわり

「翁長が恋しいです」流れ呼んだ妻の訴え 沖縄県知事選

月額550円で有料記事が月100本読み放題の「ライトプラン」もございます。 

 
連載・コラム
きょうのお天気