沖縄タイムス+プラス ニュース

西大舛氏が出馬表明 竹富町長選 再選を目指す

2020年6月22日 18:02

 【竹富】西大舛高旬竹富町長(72)は21日、石垣市内で記者会見し、8月11日告示、同16日投票(開票は同17日)の町長選に再選を目指して立候補することを正式に表明した。まちづくりの指針となる新たな町総合計画が始まったことを挙げて「町議と連携し、職員とも一緒になって、さらなる竹富町の礎をつくっていきたい」と決意を語った。

西大舛高旬氏

 1期目の町役場の西表島移転の公約については、現在計画を進める石垣支所建設のめどがつき次第着手する考えを示した。その上で現在の石垣港から西表島・大原港を中心とする海上交通網の整備が最大の課題になるとし、「難題だが果敢に取り組む」と強調した。

 西大舛 高旬氏(にしおおます・こうじゅん)1947年生まれ。町西表島出身。八重山農林高卒。90年の町議選で初当選。7期26年務め、2016年8月の町長選で初当選した。

(写図説明)西大舛高旬氏

前の記事へ 次の記事へ
連載・コラム
きょうのお天気