[沖縄6・23物語](4) 「沖縄戦で犠牲となった人々の氏名を記載し、永久に保存するための塔の建立などについて綿密に検討してまいります」 1990年に大田昌秀氏が県知事に就任。91年2月の所信表明で述べた言葉が「平和の礎」へのスタートとなった。