沖縄タイムス社が創刊70周年を記念し、2018年11月~2019年9月に10回にわたり掲載した「しまくとぅば広告」がこのほど、国際的に評価が高く、最高峰・最難関とされるデザイン・広告賞の英D&AD賞・プレス広告キャンペーン部門で銀賞相当のグラファイトペンシル賞を、世界で最も歴史のある広告デザイン賞の第99回ニューヨークADC賞・ブランド/コミュニケーション部門で銅賞をそれぞれ受賞した。

2018年11月25日付で沖縄タイムスに掲載された「しまくとぅば広告」第1弾の紙面

 しまくとぅば広告は、国連教育科学文化機関(ユネスコ)が消滅の危機にあると認定した「しまくとぅば」を民間の広報宣伝にも広く使用してほしいと企画され、一乗ひかるさんのイラストとしまくとぅばで、県内企業の取り組みや商品を紹介した。

 企画・制作は電通、電通クリエーティブX(クロス)が担当し、しまくとぅばの監修は那覇市文化協会うちなーぐち部会が務めた。受賞した広告はニュースサイト「沖縄タイムスプラス」で見ることができる。