沖縄本島地方は前線の影響で大気の状態が非常に不安定となっており22日午前5時16分現在、本島北部に大雨警報と洪水警報が出ている。 気象庁によると同日午前3時30分、本部町瀬底島付近で1時間に約110ミリの猛烈な雨が降ったとみられ、「記録的短時間大雨」情報を発表した。