琉球通運(那覇市)は12日の取締役会で、常務兼社長代行の喜納秀智氏(61)を社長に昇任させる役員人事を内定した。会長兼社長の新垣直人氏(55)の社長兼任を解き、喜納氏と新垣氏がそれぞれ代表権を持つ。27日の株主総会で正式決定する。