沖縄件北谷町の海岸で17日、アオウミガメの死骸が見つかった。町に住む安里駿佑さんが同日午後1時半ごろ発見した。同海岸にサーフィンに訪れた30代男性=北谷町=は陸に打ち寄せられたウミガメの死骸を見つめ「小さいカメが泳いでいるのはよく見かけるが、死骸が上がっているのは初めて見た」と驚いた様子で話していた。

北谷町宮城の海岸に打ち寄せられたウミガメの死骸=17日、北谷町宮城

 ウミガメに詳しい沖縄美ら島財団総合研究センターの笹井隆秀さんは「ウミガメの死骸漂着は珍しくはないが、夏季に漂着することは少ない」と話し、漂着の原因は不明だとした。