第2次安倍政権の発足以降、7年連続で沖縄全戦没者追悼式に参列してきた安倍晋三首相は、ことしの追悼式にビデオメッセージを寄せ、沖縄に米軍基地の集中する状況を「到底容認できない」と述べ、基地負担の軽減に取り組む決意を示した。8年連続だ。