玉城デニー知事が2度目の平和宣言を読み上げた23日の沖縄全戦没者追悼式。名護市辺野古の新基地建設の見直しや断念を求める文言はなく、「表現が後退した」との指摘もくすぶる。県幹部は「辺野古反対は当然。沖縄の思いを世界に発信する方法にした」と“後退”を否定。