国境なき医師団の一員として今年の4月まで中米ホンジュラスで活動を続けた沖縄県南風原町出身の助産師、國吉悠貴さんが25日、国境なき医師団主催のオンライン講演会に登壇する。同日午後7時から。現地の新型コロナウイルスの感染拡大の状況や自身が取り組んだ性暴力被害に苦しむ人々への支援について伝える。

助産師として赤ちゃんを取り上げた國吉悠貴さん(右端)(国境なき医師団提供)

 配信はYouTubeで。参加は無料だが、事前の申し込みが必要となる。申し込み締め切りは25日正午。申し込みリンクはこちら【https://www.msf.or.jp/event20200625/

 國吉さんは現在、沖縄タイムスプラスのウェブ限定コラム「タイムス×クロス コラム」でもホンジュラスの状況を伝えている。