沖縄県の与那原署は24日、南風原町津嘉山の自宅で介護をしていた夫(76)の首を圧迫して殺害したとして、同居する妻(72)を殺人容疑で逮捕した。「介護に疲れた」と供述し、容疑を認めているという。妻は夫を殺害後、自らも浴槽に漬かり自殺を図ったが、家族が発見し、意識不明の状態で救急搬送された。その後回復し、24日に退院した。

 逮捕容疑は17日午後7時~翌18日午後6時半、要介護者の夫の首を何らかの方法で圧迫し殺害した疑い。