【本部】沖縄美ら海水族館は25日、世界最大のエイ、ジャイアントマンタ(オニイトマキエイ)の展示を再開したと発表した。「黒潮の海」大水槽で観賞できる。

展示が再開された世界最大のエイ、ジャイアントマンタ(沖縄美ら海水族館提供)

 同館によると、展示される雄は体の幅が4メートル66センチ、体重630キロ。2018年11月から19年2月まで展示されていたが、健康管理上の理由により本部町沖合のいけすに移されていた。

 20年5月30日に同大水槽に移動して健康状態を観察していたところ、水槽の環境にも慣れ、エサの摂取量も安定したため、展示の継続を決めた。