那覇市は25日、生活保護受給世帯の小学生を対象に、学習塾や家庭教師の費用をサポートする「那覇市まなびクーポン」の発行を始めると発表した。一人当たり年5万6千円分を助成する。利用期間は8月から来年3月まで。

(資料写真)那覇市

 助成の対象は、市内在住者で生活保護受給世帯の小学4~6年生約200人。公益財団法人日本財団の調査では、経済的に苦しい家庭の子どもは「小学4年生頃から学力が低下する」という傾向があるとされ、早急な対策が必要として市が助成を決めた。県内では初めての取り組みという。

 利用できる塾は、今後決定するが、児童が希望した学習塾を申請することもできる。利用するには対象児童に送られた申込書類を記入して返送するか、市の窓口に提出。申し込みの締め切りは7月10日まで。

 城間幹子市長は「『まなび格差』の解消に向けた取り組み。困窮世帯の子どもが学習することの楽しさを知ることで、学力向上や心の成長につなげてほしい」と話した。