沖縄タイムス+プラス ニュース

那覇市民に7千円クーポン 市内宿泊など後押し 事業費を可決

2020年6月28日 06:00

 那覇市議会(久高友弘議長)6月定例会は26日の最終本会議で、4月の臨時会で否決された市内宿泊・飲食等消費促進クーポン事業費約3億2千万円を含む補正予算第4号(約7億5千万円)を、賛成多数(賛成36、反対1)で可決した。補正予算第3号(約12億9400万円)と第5号(約6億5千万)は全会一致で可決した。

(資料写真)那覇市

 現計画でクーポン事業の対象外の宿泊費5千円未満の宿泊事業者も、対象とするよう求める付帯決議も全会一致で可決した。

 クーポン事業は宿泊割引を5千円とし、市内土産品店を対象に土産クーポン千円、飲食クーポン千円と合計7千円を割り引くクーポン券を市民向けに4万枚配布する。余った場合、県民向けに配布を予定している。担当課によると、7月中旬からの利用をめどに調整を進めている。

 新しい第一牧志公設市場の建設工事の工事請負契約も全会一致で可決した。

前の記事へ 次の記事へ
連載・コラム
きょうのお天気