沖縄タイムス+プラス ニュース

比嘉大吾、井岡と同じ事務所と契約 所属ジムあす発表へ

2020年6月29日 15:58

 マネジメント会社のトラロックエンターテインメントは28日、元世界ボクシング評議会(WBC)フライ級王者の比嘉大吾(24)とマネジメント契約を結んだと発表した。比嘉は30日、リモート会見を開き、所属ジムなど今後の活動について発表する。比嘉の戦績は17戦16勝(16KO)1敗で、現在WBC世界バンタム級7位。

再起戦をKO勝ちで飾った比嘉大吾=2月13日、東京・後楽園ホール

 トラロック社には世界ボクシング機構(WBO)スーパーフライ級王者の井岡一翔や元WBC世界フライ級王者の内藤大助氏、プロフィギュアスケーターの織田信成らが所属している。

 浦添市出身の比嘉は、宮古工業高校を卒業後にプロデビュー。2017年5月にWBCフライ級王者となり、翌年2月の2度目の防衛戦でKO勝ちして15戦連続KOの日本記録に並んだ。

 だが3度目の防衛戦で計量に失敗し、ライセンスの無期限停止処分を受けた。その後処分が解けて今年2月、1年10カ月ぶりにKO勝利で再起したが、3月に所属する白井・具志堅スポーツとの契約を解除し、ジムを離れた。

名伯楽のミット―ボクシング王国・沖縄金城眞吉の道
磯野 直
沖縄タイムス社
売り上げランキング: 635,938

野球・ゴルフ・サッカー・バスケ・・・プロからアマまでスポーツ全記事、読み放題! >>「沖縄タイムス+プラス スポーツ」

前の記事へ 次の記事へ
連載・コラム
きょうのお天気
アクセスランキング
ニュース 解説・コラム
24時間 1週間